壁紙を剥がしました

今回は壁と天井の壁紙を剥がしていきます。

まず剥がす箇所についてですが、壁を壊す予定の箇所は剥がさずにそのまま壊した方が手っ取り早いので、壁紙を剥がす必要は無いです。

その他の箇所で壁紙を変えたい壁と天井の壁紙を剥がしていきます。

私達は、全部屋の壁紙を漆喰に変えようと考えていたので、
壊す壁以外の全部屋の壁と天井の壁紙を剥がしていきました。

使用した道具

  • カッター
  • 霧吹き
  • ヘラ
  • テープ付の養生シート

壁紙を剥がした方法

1.電気のコンセントやスイッチがある場合は養生する

壁紙を剥がす作業は水を壁に吹きかけるので、コンセント等が水で濡れないように養生シートなどで保護をします。

 

2.壁紙に霧吹きを吹きかけます

次に剥がす予定の壁紙に霧吹きで水をかけて湿らせます。

湿らせた後は少し時間を空ける必要があるので、先にまとめて濡らしておくと効率が良いと思います。
私達は部屋単位で濡らして剥がしてを繰り返して進めました。

3.15分〜30分ほど時間をおく

濡らした後は少し15分〜30分ほど時間をあけてください。
この時間をとってもらうと剥がすときに壁紙が取れやすかったです。

4.カッターで切り目を入れて剥がす

カッターで切り目をいれて、そこから壁紙をひっぱって剥がしていきます。少し力がいりましたが、意外とキレイにとれます。

剥がしにくい箇所は、下記動画のようにヘラで削りながら剥がしていきます。

5.残った箇所をヘラで削り落とします

場所によって少し壁紙が残ってしまう場合があるので、その際は再度水を含ませてヘラをつかって剥がしていきます。
ここは少し根気がいりますが、あと少しなので頑張って下さい!

6.完成です♪

一通りとれたら完成です。
綺麗にとっておくと、クロスなどで仕上げをする際に綺麗に貼れるので、
頑張って剥がして下さい。

この写真は、剥がした直後の写真が残ってなかったので、もう少し解体が進んだときの写真になりますが壁紙はこんな感じで剥がれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA