セルフリノベのゴミの撤去の問題について

セルフリノベを自分たちでやってみて、意外と大変だったのがゴミの問題です。

解体をするときはものすごい量のゴミがでますし、
家を作っていくときも端材などがたくさん出て、
常にゴミが家の中に溜まっている状態に陥ってしまいます。

またゴミは物によっては、処分するにも万単位のお金がかかるものもあるので、
意外とお金がかかってしまうのも困りました。。。

ゴミを処分をしてみてわかったことをまとめてみましたので、
良ければ参考にしてみてください。

1.木材は小さくカットすれば普通ごみで出せる

地域による場合があるので一概には言えませんが、
私達の住んでいる地域では30センチ以内に小さくすれば、
木材なんかは普通ごみとして捨てることが出来ました。

この動画のように木材を丸ノコや電動ノコギリでカットしていきます。


なので木材はもちろん、畳なんかも丸ノコや電動ノコギリで約30センチ四方に切断してしまい、
普通の半透明のゴミ袋に入れて捨てていきました。

畳はそのまま粗大ゴミとして捨てるとなると1000円ぐらいは費用がかかってしまうので、
何枚も捨てる必要があるのであれば、
細かくして捨てることをおすすめします。

なお普通ごみで一度に沢山の木材を捨ててしまうと、
建築資材とみなされてしまって、もって帰ってもらえないときがあったので、
そのあたりは様子を見ながら捨てていくと良いかなと思います。

2.石膏ボード(壁の素材)は処分がしにくい

一番処分に困ったのが石膏ボードです。
壁などを解体するとかなりの量の石膏ボード(壁の素材)が出てしますのですが、
これは普通ごみも粗大ごみでも、処分してもらうことが出来ないようです。

ですので私達は、
便利屋さんに撤去をお願いすることにしました。
石膏ボードの処分費用は普通の木材よりも高く、
私達は軽トラ約2台分ぐらいの量を捨てたのですが、
費用としては計6〜7万円ぐらにはなってしまいました。

なお石膏ボードを土嚢袋に捨てる際に気をつける必要があるのが、
石膏ボードは石膏ボードだけで分別しておくことです。
木材なんかと一緒に入れてしまうと、
木材も石膏ボードと同じ価格で引き取られてしまうので、
処分費用がかさんでしまいます。
ですのでできる限り石膏ボードだけをまとめて分別をしておいた方が安く抑えられると思います。

3.軽天などの鉄くずは無料で撤去

鉄くずは無料で引き取りに来てくれる回収業者さんがいています。
私達の場合は自宅まで無料で取りに来てくれる業者さんがいたのでお願いしました。
地域によるので鉄くずを捨てたい時は、ネット等で一度調べてみるとお得に処分できる可能性があるかと思います。

4.普通ごみか粗大ゴミか分からない場合はどうするのか

色々な種類のゴミがでてくるので、
どのようにして処分をすればいいか分からない時があるかと思いますが、
そういった時は市役所などに電話で聞くと良いです。
私達の地域の場合は、市役所に聞くとゴミの分別の業者さんの電話番号を教えてくれたので、
そこに電話をかけると普通ごみで大丈夫だとか、
粗大ゴミでしか無理だとか、
そもそも引き取れないだとかを詳しく教えてくれるのでありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA