クッションフロアーを貼る(トイレ)

トイレにクッションフロアーを貼っていきます。

必要な道具

  • クッションフロアー
  • カッター(クッションフロアをカットする)
  • クッションフロアー用ボンド
  • ローラー(圧着用)

クッションフロアーを貼った手順

1.床を綺麗にする

まず初めに床を綺麗に掃除します。
ゴミなどがあるとクッションフロアーを貼った時に凸凹になってしまうので、
できる限り綺麗にしておきます。

床に自体に凹凸がある場合は、それもサンダーなどで削るなどして床を平らにします。

2.クッションフロアーを大まかにカットする

作業がしやすいように、クッションフロアーを貼る床より少し大きめにカットします。
カットするサイズは、だいたい貼る床の縦横ともに20センチぐらいの大きめにカットしておくと作業がし易いです。

3.クッションフロアーを仮置きする

カットしたクッションフロアーを仮置きしてみて、
大きさに問題ないか確認しておきます。

4.床にクッションフロアー用のボンドを塗る

仮置きしてみて問題が無ければ、
実際に床にクッションフロアー用のボンドをヘラで塗っていきます。
なお隅などに隙間があるとそこから剥がれてくる可能性があるので、隅まで丁寧に塗っていきます。

5.オープンタイムをとる(時間を空ける)

ボンドを塗った後は、オープンタイムをとる(時間を空ける)必要があります。
私達が使用したボンドは10分間あける必要があったので、
それまで待機しておきます。
この時間の間にクッションフロアを貼る用意をしておくと良いかと思います。

なおオープンタイムは使用するボンドによって違うと思うので、
使用するボンドを確認して時間をあけてください。

6.クッションフロアを貼る

実際にクッションフロアを貼っていきます。
貼る際は、曲がったりしないようにゆっくり丁寧に貼っていきます。

7.圧着する

クッションフロアを貼った後は、ローラーなどを使用して圧着します。
力を入れてしっかり床にくっつけていきます。
なお、床とクッションフロアの間に空気が残らないように気をつけながら、
中央から端にむかって圧着をしていきます。

8.はみ出た部分をカットする

大きめにカットしているので、
クッションフロアを貼った後は、はみ出た部分をカッターを使ってカットします。

9.ボンドを拭き取る

必要のない部分をカットした後は、はみ出たボンドを拭き取ります。
固まる前に拭き取らないと、せっかく貼ったクッションフロアや壁紙が汚くなるので、
見逃さないようにしっかり確認して拭き取ります。

完成です

実際に完成した際の写真になります。
これはトイレを設置したあとのものになりますが、このような形で仕上げることができました。
(もちろんトイレの設置は工務店さんにお願いしました。)

 

まとめ:クッションフロアを貼ってみての感想

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA